肺炎球菌について 肺炎球菌ってなに?

肺炎球菌は、子どもの細菌感染症の二大原因のひとつ

肺炎球菌というのは、子どもの感染症の二大原因のうちのひとつの細菌です。 まわりを莢膜(きょうまく)というかたい殻におおわれた菌で、人間の免疫が攻撃しにくい構造をしています。なかでも小さい子ども、特に赤ちゃんのうちは、まだこの細菌に対する抵抗力がありません。このため、細菌性髄膜炎など症状の重い病気をおこしたりします。

カゼやインフルエンザにかかった後に、肺炎をおこしたり、中耳炎にかかりやすくなることはありませんか? このようなときも肺炎球菌が悪さをしていることがあります。

肺炎球菌の写真

肺炎球菌の写真

監修:国立がん研究センター中央病院 感染症部長 岩田敏先生

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

忘れていませんか?大切な追加接種

ワクチンチェックリスト

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

忘れていませんか?大切な追加接種

ワクチンチェックリスト