細菌性髄膜炎について 細菌性髄膜炎の原因は?

ヒブと肺炎球菌が、細菌性髄膜炎のおもな原因菌

日本での細菌性髄膜炎(さいきんせいずいまくえん)の原因の約80%が、ヒブ[インフルエンザ菌b型:Hib]と肺炎球菌(はいえんきゅうきん)です。どちらの菌でかかるかわからないため、両方ともワクチンを接種して予防することが大切です。

細菌性髄膜炎の原因(ワクチン普及前)

細菌性髄膜炎の原因

調査年によって少々の差異はありますが、インフルエンザ菌57%[ほとんどがヒブ]、肺炎球菌19%[砂川らの報告、調査期間2007年~2008年]などの報告があります。なお、その他の原因には、B群レンサ球菌や大腸菌などが含まれます。

細菌性髄膜炎の原因で一番多いのはヒブ、次が肺炎球菌。どちらの菌で起こっても重い病気ですが、より重症になりやすいのは肺炎球菌による髄膜炎で、命を落としたり重い後遺症が残ったりします。

どちらの菌に対してもワクチンがあります。細菌性髄膜炎の予防には、「ヒブワクチン」と「小児用肺炎球菌ワクチン」の2つの接種が大切です。

監修:川崎医科大学小児科 中野貴司先生

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト