細菌性髄膜炎について 細菌性髄膜炎は赤ちゃんの病気?

1歳前後の赤ちゃんがかかりやすい4歳ごろまでは危険年齢

細菌性髄膜炎(さいきんせいずいまくえん)にもっともかかりやすいのは、病気とたたかう力[免疫力]がまだ未熟な生後6か月から2歳くらいまでの小さな子どもです。でも、生後2か月になったらワクチンを接種することができます。細菌性髄膜炎は年齢とともにかかりにくくなりますが、4歳ごろまでは危険年齢といえます。

細菌性髄膜炎の年齢別発症数[ワクチン普及前]

細菌性髄膜炎の年齢別発症数(ワクチン普及前)

グラフは、2007年1月から2009年12月の3年間にわたり、小児における侵襲性細菌感染症のサーベイランス調査を全国多施設共同研究により実施した結果をまとめたものです。

研究代表者 神谷齊:厚生労働科学研究費補助金 医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業「ワクチンの有用性向上のためのエビデンス及び方策に関する研究」

細菌性髄膜炎にかかった子どものうち、約半数がもっとも免疫力の弱い0歳児のため、早めの予防がのぞまれます。また、細菌性髄膜炎は4歳ごろまでが危険年齢で、4歳を過ぎるとかかりにくくなりますが、肺炎球菌(はいえんきゅうきん)が原因の場合は5歳以上でもかかる例があります。

細菌性髄膜炎は、生後2か月からワクチンを接種して予防しましょう。おそくとも6か月までには接種をはじめましょう。
標準的なスケジュールは生後2か月から6か月に接種を開始しますが、7か月を過ぎても接種ができます。接種スケジュールは接種開始時期によって異なりますので、くわしくはかかりつけの先生にご相談ください。

監修:川崎医科大学小児科 中野貴司先生

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト