細菌性髄膜炎について 細菌性髄膜炎ってどんな病気?

いつ、だれが、かかるかわからない!子どもの命にかかわるこわい病気

細菌性髄膜炎(さいきんせいずいまくえん)とは、ヒブ[インフルエンザ菌b型:Hib]や肺炎球菌(はいえんきゅうきん)などの細菌が、脳や脊髄(せきずい)を包む髄膜(ずいまく)の奥まで入り込んで起こる病気です。ときに命にかかわったり、重い後遺症が残ったりすることもあります。
細菌性髄膜炎を予防するワクチン[ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン]の普及前の日本では、毎年約1,000人の子どもが細菌性髄膜炎にかかっていました。原因となる細菌は、ふだんから多くの子どもたちのノドや鼻の奥にすみついている身近な菌のため、いつ、だれが、かかるかわかりません。

いつ、だれが、かかるかわからない!子どもの命にかかわるこわい病気

脳や脊髄を包む髄膜の奥まで細菌が入り込みます。ときに、脳まで病気がおよぶこともあります。

細菌性髄膜炎は、かかる前にワクチンを接種して、予防することが大切です。

監修:川崎医科大学小児科 中野貴司先生

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト