予防接種・ワクチンの基礎知識 海外に行くときは忘れないで。保険とパスポートとワクチン接種。

世界のどこに行くにしても、パスポートがなければ入国できないのは当然ですが、ワクチンを接種していなければ入れない国があるのをご存知ですか?
カメルーンやガーナなどのアフリカの国々や南米の一部の国は、黄熱のリスクが高いため、予防接種を済ませていないと入国できないのです。

海外に行くときは忘れないで。保険とパスポートとワクチン接種。

日本では制圧されていたり稀にしか発生しない感染症でも、広い世界では流行しているものがたくさんあります。
黄熱のほかにも、狂犬病、破傷風、ポリオ、コレラ、ジフテリアなどは、いまだに国によっては、感染の危険がある病気です。

たとえば、狂犬病は、いまも世界で年間5万人もの死者を出しています。
発症後の死亡率はほぼ100%で、ワクチンで予防するほかなく、有効な治療法はありません。
先進国であるアメリカでも、人への感染が報告されており、狂犬病にかかるリスクはゼロではないのです。

海外に渡航する日本人は、年間およそ1600万人。
発展途上国に渡航するケースも増えています。
また、近隣のアジアでも感染症のリスクが高い地域はまだまだあります。
海外にお出かけの際は、渡航先にあわせてトラベラーズワクチンが必要ないかどうか、しっかりと確認しましょう。

もっと知ってください、ワクチンのこと。

監修:関西医科大学総合医療センター
海外渡航者医療センター長 主任教授 西山利正先生

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト