予防接種・ワクチンの基礎知識 漱石さーん、どうして顔の右側を見せてくれないの?

夏目漱石の肖像は、どれも顔の右側が見えないのはなぜでしょう。
漱石は、3歳のとき天然痘にかかったと言われています。 天然痘は治癒しても痘痕(あばた)が残り、その印象の強烈さから「見目(みめ)定め」とも呼ばれていた病気です。
そして漱石もやはり、顔にあばたが残ってしまいました。

漱石さーん、どうして顔の右側を見せてくれないの?

教師時代に「夏目の鬼がわら」とあばた顔を生徒たちに囃されたり、お見合い写真を修正するよう依頼したりと、そのあばたはかなり目立つものだったようで、漱石は後々までその跡を気にしています。

漱石の肖像がどれも顔の右側が見えない理由、それは天然痘によるあばたのせいだったのです。

天然痘は、1958年から世界保健機関[WHO]がワクチンによる根絶計画を推進。
1977年のソマリアの青年を最後に天然痘患者の報告はなく、WHOは1980年5月8日に根絶宣言を出しています。
ワクチン接種の徹底により、人類が地球上から撲滅した天然痘。
そのワクチンが広く普及していれば、文豪漱石の「右顔」が見られたかもしれません。

もっと知ってください、ワクチンのこと。

監修:北里大学北里生命科学研究所
ウイルス感染制御学研究室 教授 中山哲夫先生

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト