小児用肺炎球菌ワクチンとは? 小児用肺炎球菌ワクチンの副反応

予防接種後、一定の期間内に様々な身体の反応や病気がみられることがあります。その原因として予防接種そのものによる副反応の他に、偶然に発症、発見された病気であることがあります。実際にはワクチンの副反応であるかどうか判断することが難しい場合も多いのが現状です。予防接種による副反応をなるべく起こさないようにするためには、接種前の健康状態を十分に把握し、調子の良い時に接種するようにしましょう。
小児用肺炎球菌ワクチンを接種した後にみられる副反応の多くは、発熱、注射部位の異常(腫れや赤みなど)です。副反応が起こる頻度は、ほかのワクチンと同じ程度です。心配な場合は接種を受けた医療機関の医師に相談するようにしてください。
またまれですが、ショックやアナフィラキシー様反応[呼吸困難や全身性のじんましんなどを伴う重いアレルギー反応]などの重い副反応が報告されています。接種後30分以内は特に注意深い観察が必要なので、病院で様子をみるか医師とすぐ連絡のつくところにいるようにしてください。

発熱について

発熱について

小児用肺炎球菌ワクチンを接種すると、37.5℃以上の熱が出ることがあります。熱は38℃や39℃以上に及ぶこともあります。発熱のほとんどは接種した当日や翌日に認められ、その多くは1~2日で下がります。普段と様子が大きく異なるときや発熱が3日以上続くなど、心配な場合はかかりつけ医に相談してください。
なお、一度発熱したことがある方が、必ずしも次回の接種で発熱がおこるわけではありません。

注射部位の異常について

注射部位の異常について

注射した部位が腫れたり、赤くなったり、あるいは硬くなったりすることがあります。一般的にワクチンを接種したときの赤みや腫れは3~4日で消えるとされています。この状態が1か月後でも残る場合もあります。注射部位の異常が目立つときや、その他心配な場合はかかりつけ医に相談してください。

ワクチンの同時接種について

国内外の調査研究によれば、小児用肺炎球菌ワクチンを含む複数のワクチンを同時に接種した場合、発熱や注射した部位の腫れなどの軽い副反応が増加するという報告も見られますが、差がないとする報告も見られます。同時接種による重い副反応が増加するという報告はされていません。欧米においても同時接種の安全性については問題ないとされ、同時接種は通常の方法として広く行われています。このため、同時接種に関して、現在、安全性についての問題はないと考えられています。
同時接種は、適切な時期に必要なワクチン接種を可能にすることで、ワクチンのやり残しを防ぎ予防効果を上げることができます。また、医療機関への受診回数を減らすことができるため、接種に費やす保護者の時間、手間、費用を節約することができます。小児用肺炎球菌ワクチンを単独接種で行うか同時接種で行うかどうかは、医師とよく相談して決めてください。

監修:千葉大学医学部附属病院 感染症管理治療部
石和田稔彦先生

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト