上手なスケジュールのたて方 予防接種スケジュール

予防接種スケジュール

本スケジュールは2016年10月版です。

PDFをダウンロード

出産後、赤ちゃんとの生活に慣れたころに、そろそろ考えたいのが予防接種です。3歳ごろまでは接種するワクチンが多くて、たいへん。上手にスケジュールをたてて、お子さんにとってもっともよい時期に予防接種を受けたいですね。
上手なスケジュールをたてるために「予防接種スケジュール[3歳未満]」シートをお役立てください。2枚目には、「ワクチンで予防できる子どもの病気」の一覧があります。

予防接種スケジュールは、かかりつけの先生に相談してから

予防接種スケジュールは、かかりつけの先生に相談してから

大切な赤ちゃんのために、予防接種スケジュールをたてる前に知っておきたい「5つのこと」を頭に入れて、いざ、スケジュールをたてようと思っても、お母さん・お父さんだけでは、上手にスケジュールをたてることはむずかしいものです。そんなとき、ふだんからお子さんをみてくれているお子さんのかかりつけの先生が頼りになります。
たとえば、
・お子さんにあったスケジュールをたてたい
・お子さんが体調を崩して予定通りにいかない
・受け忘れたワクチンがある
など、気軽に相談してみてください。母子手帳もお忘れなく。

予防接種スケジュールをたてる前に知っておきたい「5つのこと」

  • ワクチンは、接種できる時期がきたら早めに受ける
  • ワクチンによって接種できる月齢/年齢や回数、接種間隔が違う
  • お住まいの自治体によって接種方法[個別接種や集団接種など]が違うワクチンがある
  • 個別接種のワクチンは、保護者が接種する医療機関を決めて予約をする
  • 任意接種のワクチンでも公費助成をする自治体がある

「予防接種スケジュール(3歳未満)」シートをつかってみよう

「予防接種スケジュール(3歳未満)」シートは、お子さんの予防接種スケジュールをたてる際に、便利なツールです。ダウンロード印刷をして、お子さんのスケジュールをたてる際におつかいください。

1) スケジュールシートを印刷します

スケジュールシート

PDFをダウンロード

『PDFをダウンロード』をクリックすると、スケジュールシートがダウンロードできます。ブラウザの「印刷ボタン」をクリックすると印刷されます。

※ご使用のパソコンの機種や設定環境により、画面表示や操作方法が異なる場合があります。※PDF形式ファイルの閲覧にはAdobe Reader[無料]が必要です。
Adobe Readerをアドビシステムズ株式会社のサイトから最新版が無償で入手できます。下のアイコンをクリックすると、Adobe Readerダウンロードサイトへジャンプします。ダウンロードの際に、インストール方法もご確認ください。

Get Adobe Reader

2) スケジュールをたてる前の“準備”をします

細菌性髄膜炎にもっともかかりやすいのは、病気とたたかう力[免疫力]が未発達な2歳ぐらいまでの小さな子どもです。年齢とともにかかりにくくなりますが、5歳ごろまでは危険年齢です。生後7か月を過ぎていても、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンともに5歳未満は定期接種の対象となります。これら2つのワクチンで細菌性髄膜炎を予防することが大切です。

スケジュールをたてる前の“準備”をします

3) さあ、スケジュールをたてましょう!

スケジュールシートに次のようなことを記入しておくと便利です。 実際の接種スケジュールは、お子さんのかかりつけの先生にご相談ください。

  • 実際に接種した日付けを記録しておきましょう。
  • 接種の予約日を書いて受け忘れのないようにしましょう。
  • 次回の接種時期の目安を書いて、接種スケジュールをたてましょう。

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト