予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れがちな1歳からの予防接種を、メールとハガキでお知らせします。

忘れがちな1歳からの予防接種 リマインドサービス登録はこちら

免疫が未発達の子どもたちには、決められた回数のワクチン接種することが大切です。ただ、1歳からの予防接種は特に忘れがち。

そこで、お子さまの1歳のお誕生日に合わせて、予防接種のご相談時期がきたことをメールとハガキでお知らせするサービスが生まれました。

接種回数と免疫力

忘れがちな1歳からの予防接種 リマインドサービス登録はこちら

送付ハガキイメージ

予防接種リマインドサービスのお知らせには、個人情報保護対応済の圧着ハガキを使用して、プライバシーの保護に配慮します。

予防接種リマインドサービスのご案内

対象となるお子さまの1歳のお誕生日に合わせて、予防接種に関するお医者さんへのご相談時期がきたことをメールとハガキでお知らせするサービスが生まれました。

1.下記のリンク先、またはQRコードからお知らせ先[保護者の方]の情報を登録します。

忘れがちな1歳からの予防接種 リマインドサービス登録はこちら

2.手続きが正常に完了したら、ご登録完了通知メールが送信されてまいります。
メールアドレスが携帯メールの場合、受信拒否設定を解除してください。

3.1歳のお誕生日に予防接種のリマインドメール[お知らせメール]、その後、リマインドハガキ[お知らせハガキ]が届きます。
お子さまは、本名ではなく、ニックネームでも登録可能です。

 

送付ハガキイメージ

予防接種リマインドサービスのお知らせには、個人情報保護対応済の圧着ハガキを使用して、プライバシーの保護に配慮します。

プライバシーポリシー

弊社では個人情報の保護に関する法律を厳守し、個人情報の適切な取り扱いのための措置を十分に講じております。
ご登録いただきました内容は、予防接種リマインドサービスのみに使用いたします。
また、事前の承諾なく業務委託先を除く第三者に情報を提供することはせず、弊社において適切に管理いたします。なお、「プライバシーポリシー」に関しましては、弊社ホームページhttp://www.pfizer.co.jpをご照会いただければ幸甚です。

大切なお子さまのために、1歳からの予防接種もお忘れなく。

免疫が未発達な子どもたちには、決められたタイミングで、決められた回数のワクチン接種をしてあげることが大切です。
たとえば細菌性髄膜炎を予防するワクチンなどの不活化ワクチンは、生後2か月から複数回接種したあと、1歳を過ぎてから追加接種を受けることにより、初めて長く続く免疫力をつけることができるのです。

忘れていませんか?大切な追加接種

1歳で標準的に接種するワクチンリスト
ワクチン名称 定期/任意 推奨接種年齢と回数
1歳から新しく始まるワクチン 麻しん・風しん[MR]※1 定期 12~23か月
水痘※2 定期 12~15か月
おたふくかぜ 任意 12~15か月
0歳から接種しているワクチン(追加接種) インフルエンザ菌[ヒブ] 定期 12~18か月
肺炎球菌[13価]※3 定期 12~15か月
三種または四種混合 定期 12~18か月
ポリオ[不活化] 定期 12~18か月
インフルエンザ※4 任意 2回

※1:2歳以降は任意接種になります。

※2:水痘ワクチンは、2014年10月から定期接種となりました。3歳~4歳児は、2015年3月までは定期接種ですが、2015年4月以降は任意接種になります。

※3:2013年10月に肺炎球菌ワクチン[13価]が定期接種になりました。それまでに従来の[7価]ワクチンを接種完了したお子さまは、補助的追加接種[任意接種]が1回可能です。

※4:毎年10月、11月などに2回接種。

日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュールを参考に作成しています。接種するワクチンの種類や回数などは、地域やお子さまの状況によって異なることがあります。お早めにかかりつけ医、または最寄りの小児科の先生にご相談ください。

監修:福岡歯科大学 総合医学講座 小児科学分野 教授
岡田賢司 先生

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト