新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

小児用肺炎球菌ワクチンは2013年11月から従来のものから切り替わり、新しくなっています。

13価の小児用肺炎球菌ワクチンには、従来のワクチンに含まれていた7つの肺炎球菌の型[種類]に新たに6種類が加わり、13種類の肺炎球菌感染症を予防できます。

小児用肺炎球菌ワクチンについて

小児用肺炎球菌ワクチンについて

新しい小児用肺炎球菌ワクチン[13価]には、現在、肺炎球菌による重い感染症の原因として日本で一番多い種類[19A型]が含まれています。13価のワクチンは、従来の小児用肺炎球菌ワクチン[7価]よりさらに30%程度、原因となる種類をカバーする割合が増えます。

接種スケジュールについて

接種スケジュールは、従来の7価のワクチンと変更ありません。
2013年11月1日以降は、新しい13価のワクチンのみが定期接種となります。

途中まで小児用肺炎球菌ワクチン[7価]を接種しています。13価ワクチンの発売以降はどちらのワクチンを接種すればよいですか。

2013年11月1日以降、定期接種として受けられるのは13価ワクチンのみとなります。接種スケジュールは変わりませんので、残りの回数を13価ワクチンで受けてください。

生後6か月までに小児用肺炎球菌ワクチンの接種を始めることができませんでした。まだ受けられますか。

生後7か月を過ぎても接種できます。初回接種の時期によって接種の回数が異なります。7か月~11か月[1歳未満]から接種開始した場合は、合計3回接種します。2回目は生後12か月まで[13か月未満]が定期接種の対象となります。接種開始が1歳を過ぎた場合は2回、2歳を過ぎた場合は1回接種となります。

小児用肺炎球菌ワクチン(7価)を全て接種済みですが、新しいワクチン(13価)を接種することは可能ですか。

最後の7価ワクチンを接種してから8週間以上空ければ接種可能です。新しいワクチン[13価]を接種することで、追加となった6種類の肺炎球菌について免疫をつけることができます。ただし、任意接種となります。

厚生労働省のホームページ「小児用肺炎球菌ワクチンの切替えに関するQ&A」もご参照ください。

副反応について

ワクチンを接種した後にみられる主な副反応は、発熱、注射部位の異常[赤みや腫れなど]です。

また日本の赤ちゃんを対象とした臨床試験から、このような副反応が見られる割合は、従来の小児用肺炎球菌ワクチン[7価]と同等であることが確認されています。

気になることや心配なこと、接種スケジュールなど詳しくはかかりつけ医にご相談ください。

監修:千葉大学真菌医学研究センター 感染症制御分野 准教授
石和田稔彦先生

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト