予防接種・ワクチンの基礎知識 予防接種は生後2か月から

生後2か月を過ぎると、母親からもらった抗体[免疫]が減少し、さまざまな感染症にかかりはじめます。肺炎球菌やヒブ[インフルエンザ菌b型:Hib]による細菌性髄膜炎の発症が2~3か月児からみられるのはこのためです。細菌性髄膜炎は、赤ちゃんが自分で免疫がうまく作れるようになる2~3歳までの間、とくに0歳代で発症が多い病気です。

子どもの健康とワクチンに関する基礎知識 予防接種は生後2か月から

確かにまだか弱い0歳児に注射は痛そう、かわいそうと思えるかも知れませんが、免疫力の低い時こそ、ワクチンの力を借りて、免疫をつけてあげる必要があるのです。そして、小児用肺炎球菌ワクチンやヒブワクチンは、生後2か月から接種することができるのです。

監修:川崎医科大学小児科 中野貴司先生

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト