予防接種・ワクチンの基礎知識 ワクチンの役割とワクチンで防げる病気

ワクチンの役割

ワクチンの役割

子どもがかかりやすい病気の原因となるウイルスや細菌の毒性を弱めて[または無くして]、抵抗力だけをつけられるようにしたものが、ワクチンです。ワクチンを接種すれば、その病気にかからないようになる、あるいは、かかっても軽くすむように、予め準備をしておくことができます。ワクチンは、子どもの健康を守る有効な手段なのです。

ワクチンで防げる病気は、ワクチンで防ぎましょう

日本では、毎年多くの子どもたちが、ワクチンで予防できるはずの病気[VPD*]に感染して、重い後遺症で苦しんだり、命を落としたりしています。世界にたくさん病気がある中で、VPDはわずかです。重大な病気だからこそ、苦労してワクチンが作られたのです。ワクチンで防げる病気は、きちんとワクチンで予防して、大切なわが子の命を守りましょう。

*VPDとは、Vaccine(ワクチン)Preventable(防げる)Diseases(病気)=「ワクチンで防げる病気」の略です。
(「VPDを知って、子どもを守ろう。」の会『KNOW★VPD!』より一部引用)

「6か月までは感染症にかからない」そんなことはありません

「6か月までは感染症にかからない」そんなことはありません

生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんからもらった抗体[病気に対する抵抗力のもと]で一部の病気から守られています。ただ、残念ながらその抗体は、一生残るものではありません。たとえば、重い病気の細菌性髄膜炎や百日せきの原因になる細菌に対する抗体は、生後2~3か月までには消えてしまいます。そのため、早くからワクチンを接種して十分な免疫をつけてあげましょう。

任意接種のワクチンも大切です

日本の予防接種は、現在のところ定期接種と任意接種のワクチンにわかれます。「任意」とは医学的に接種しても接種しなくてもよいという意味ではありません。軽い病気と思われがちな、みずぼうそうや、おたふくかぜも、多くの子どもの命と健康に被害を及ぼしています。定期/任意にかかわらず、子どもの命を守るため、かからなくてもよい病気にかからずに済むためには、VPDはすべてワクチンで防ぐとお考えください。

ワクチンで防げる主な病気[VPD]とワクチン

ワクチンで防げる病気 ワクチン
ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ[小児まひ] 四種混合[DPT・IPV]ワクチン
または三種混合[DPT]ワクチンと不活化ポリオワクチン[IPV]
結核 BCGワクチン
麻疹(はしか)・風疹(ふうしん) 麻疹・風疹混合[MR]ワクチン
日本脳炎 日本脳炎ワクチン
肺炎球菌感染症[細菌性髄膜炎など] 小児用肺炎球菌ワクチン
ヒブ*1感染症[細菌性髄膜炎など] ヒブワクチン
みずぼうそう[水痘] みずぼうそうワクチン
おたふくかぜ[流行性耳下腺炎] おたふくかぜワクチン
B型肝炎 B型肝炎ワクチン
子宮頸がん 子宮頸がん[HPV*2]ワクチン
インフルエンザ インフルエンザワクチン

*1 ヒブ:インフルエンザ菌b型[Hib]
*2 HPV:ヒトパピロマウイルス

監修:元日本赤十字社医療センター 小児科部長 薗部友良先生

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト