予防接種・ワクチンの基礎知識 乳児突然死症候群[SIDS]

何の予兆もないままに健康な乳児[主に1歳未満]に、突然死をもたらす病気。毎年、数百人以上の赤ちゃんがこの病気で亡くなっており、なかでも生後6か月までの乳児にもっとも多く発症しています。

SIDSの原因はまだわかっていませんが、ちょうど予防接種の多い0歳児で発症が多いためにワクチンの副反応と誤って解釈されたり、混同されたりすることがありますが、ワクチンがSIDSの原因になることはありません。

SIDSから赤ちゃんを守るには、あおむけで寝かせる、ご両親がたばこを吸わない、できるだけ母乳で育てるといった育児環境が、大事なポイントとなります。詳しくは厚生労働省のホームページに出ていますので、ご参照ください。

監修:川崎医科大学小児科 中野貴司先生

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト

入園をきっかけにせきやお熱が増えるのはなぜ?

予防接種リマインドサービスのお知らせ

忘れていませんか?大切な追加接種

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

補助的追加接種とは?

ワクチンチェックリスト